財産を守るために個人再生を

多額の借金をしてしまい、月々の厳しい取り立てに参っていました。こんなことなら「いっそ自己破産してしまおう」と考えたのです。ただ、私には家族がおり自宅もあります。自己破産することで自宅を手放せば娘は転校することになりますし、妻にしてみても世間体が気になるでしょう。そこで、自宅だけは残したいと思っておりました。

 

すると、個人再生であれば借金が大幅に減額される上、資産は残せるということを知り、最後の救いの道だと感じたのです。そこで、法律事務所に連絡し個人再生の可能性を調べてもらいました。私の場合は事業をしており、借金総額が下がればその収入で返済できる可能性があるという話でしたので、早速取り掛かってもらうことにしたのです。債権者にしてみれば自己破産をされてまったく返済されなくなるよりはましなのでしょう。和解が成立しました。

 

お陰で、自宅はそのままで、借金は免責でまさかの5分の1の額になりました。これくらいの金額であれば、頑張ればなんとかなります。借金はまだありますが、自己破産して自宅を失うようなことにならず本当に良かったと思っています。このチャンスを無駄にしないよう、完済に向けて努力しようと思っています。


このページの先頭へ戻る