ローンの支払いができなくなり自己破産をしました

大学を卒業してから就職して安定した給料をもらっていましたが、奨学金の返済などで生活にそれほど余裕はありませんでした。しかしその後、結婚して子供も生まれたので、将来のことを考えて一戸建てを購入することにしました。一戸建ては住宅ローンを組んだので、結局は2つのローンを抱えることになりました。

子供が大きくなったら妻も働いてくれることになっていたので、共働きなら大丈夫だろうと考えていました。その予定が狂ったのは、急に私が体調を崩して長期休養が必要になり、会社を辞めざるをえなくなったからです。働きたいという気持ちはありますが、心に身体がついていかずもどかしい日々が続きました。

休んでいても生活費はかかるので貯金を切り崩していましたが、ローンの支払いは滞ったままで、住宅ローンを提供してくれた金融機関からは催促の連絡が続きました。精神的にも追い詰められたので、弁護士事務所に相談に行ったところ、自己破産をして一度、リセットをしたらどうかと提案されました。自分でも休息期間が必要だと感じたので、自己破産をして一戸建てを手放し、一からやり直すことにしました。

そうしたら気持ちが楽になって、お金や住宅は失いましたが家族が残っているので、もう一度、人生をやり直せそうです。

債務整理 札幌 評判

自己破産したおかげで、悩みから解放されました。

社会人になり、初めてクレジットカードを持つようになりました。最初に使うときはドキドキでちゃんと考えながら使うことができていました。しかし、使い始めてから日が経つにつれて、段々と感覚が麻痺していくようになりました。そのうち給料が振り込まれても、クレジットカードの支払いでほとんどなくなってしまい、生活費すら困るようになってしまいました。

困った私は他の会社でクレジットカードを作り、今度はそのクレジットカードで買い物をするようになりました。気付けば数百万のローンを背負っていました。そしてついに新しいクレジットカードも作れなくなり、私はやっと弁護士さんの所に行きました。私の話をゆっくり聞いてくださった弁護士さんに、自己破産することを勧められたのでした。

正直自己破産には抵抗感が強くありました。しかしこのままローンを返済することは不可能なこと、親や会社の人に知られずに行えることが決め手となり、自己破産を決意しました。結果、毎月請求書に怯えて悩んでいた日々から解放されました。もちろんブラックリストに載り、今後クレジットカードが持てなかったり、ローンが組めないというデメリットがありますが、私は自己破産して本当に良かったと思っています。

私の自己破産体験談

私は今から5年前に自己破産しました。私は小さな会社を経営していましたが、2008年のリーマンショックを発端とする不況の直撃を受け、資金繰りが悪化し倒産に追い込まれました。倒産するまでの半年は、資金調達のために銀行やカードローンなど、あらゆる所からお金を借りました。しかし努力の甲斐もなく、私の会社は倒産し、莫大な借金だけが残りました。

会社が倒産してから半年は、借金を返すために借金をするなど、生活がどんどん苦しくなっていきました。再就職もままならず、アルバイトで稼いだお金は、生活費と借金返済でなくなり、貯金ゼロの生活が続きました。そんな中、テレビ番組で自己破産について知りました。貸金業者からの取り立てが止まったり、返済義務が無くなる、借金が免除されるなどのメリットに大きな魅力を感じました。私は早速、知り合いを通じて、弁護士事務所を訪れました。

優しい弁護士さんで、わかりやすく丁寧に自己破産について説明してくれました。自己破産のメリットしか知らなかった私は、ブラックリストに載ることや、保証人への取り立てがあるといったデメリットもあることを知りました。メリット、デメリットを理解した上で、私は自己破産を選択しました。毎月の返済額を減らすことができ、なんとか普通の生活を送れるようになりました。